2020年07月

両家の顔合わせが済んだ。

こんばんは
好きなイベントは、「写生大会」の紺です
思いっきり写生、したいですね

そんなわけで。
両家の顔合わせです。
お店の予約やら手土産やら。
当日座る場所も店員さんに確認しまして。

まーなんとか終わりました。
安堵と疲労のみが残りました。
ネクタイとスーツで行ったので、汗だく。
あぁ、冷たいビールが美味い(禁酒中断(笑))。

やっぱ結婚って家同士のものなんだなと痛感しました。

ちなみに、結婚式はやりません。
これはNGさんも同意見でした。
元々NGさんは自分が必要と思わないことに金をかけたくない性分のようです。
ですので1回目の結婚で結婚式をやったときは、苦痛で仕方なかったとのこと。

CIMG4385
喉頭隆起をいじりましたが、無反応のチップスよしお。

指輪について

皆さんこんばんは
紺勝太郎です
いつもブログを読んでいただきありがとうございます

ちょっと慣れた。自分的にジワジワくるので飽きるまでやってみる。
コメントで筆舌に尽くしがたい悪態を書かれたら止めます。


昨日簡単更新でしたので、今日はしっかりと更新やります。

↓これがミーの指輪です(テリーマン風に)。
CIMG4378
当初の予定通り、ピンクゴールド。
可愛い路線でこれから生きていきたいのです。
もう劇画調のハードボイルドを演じるのは疲れました(´・_・`)

CIMG4380
写真撮るためベタベタ触ったので指紋付いてます。
それにしても爪を短く手入れしていて感心です。
指も綺麗ですね、4〇歳のおっさんにしては。
ちなみに甘皮の処理をしたいので、ネイルサロン行きたいのですが、俺県には男性OKの店がないんですよね。

CIMG4381
ピンクゴールドと普通のゴールドとの比較。
比べると違いが分かります。
さりげなく金貨を持ってるアピールをするところが紺の性格の悪さを露呈してますね。

ピンクダイヤを1個入れようか迷いましたが、そうすると石を上向きにしておかないといけないので、そんな気遣いがめんどくさくて止めました。
あと、内側の刻印も無しです。
お互いのイニシャルとか定番文句「forever love」みたいなのはありきたりなので。

ただ、俺もNGさんも納豆ごはんが大好物なので、「納豆」「ごはん」とお互いの内側に彫ったら面白いじゃん!とNGさんに相談したら、それいいね!とのことで即採用になったんだけど、店では日本語刻印に対応してないそうで(´・ω・`)

どっか彫ってくれる店見つけたら挑戦してみます。








簡単更新

今日はね、マジで疲れましたわ。
AV撮影の現場を3つくらい回った気分(したことないけど)。

とりあえず、こんな感じです。
CIMG4377

明日以降で色々書きます。

いつ入籍するか

おはこんばんちわ
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます
みんなのアイドル紺勝太郎です


どっかの婚活ブログみたいに絵文字入れてみたけど、クソめんどくせぇ(´・ω・`)
3行書いただけで疲れた。
もう止めよう。二度とやりたくない。

さて。
婚活振返りも強引に終了し、あとはNGさんとのことをブログで報告するだけです。

そんでね。
入籍日をどうしようかと。
何かの記念日に絡めて覚えたい気がする今日この頃。

ちなみに8月は、

2日→パンツの日
8日→デブの日
11日→ガンバレの日
16日→女子大生の日
22日→チンチン電車の日
29日→焼肉の日

など面白い日が揃ってます。

個人的には、8月29日にしたいかな。
NGさんは、チンチン電車の日を選ぶような気がします(笑)

皆さんの入籍日って、どういう経緯で決めましたか?

婚活振返り最後

婚活振返りも飽きてきたので、更にペース上げます。

令和元年7月、8月見合い無し

令和元年9月
1日:13406円
14日:6034円

令和元年10月
6日:105600円(トトロ相談所入会)
9日:12996円(東京デートキャンセル代)
31日:130円(研修費)

令和元年11月
3日:766円
14日~16日:78426円(小倉ミニオフ会)

令和元年12月
7日:7831円(トトロ相談所イベント参加)
27日:711円(喪黒相談所手土産)

令和2年1月
11日:786円
25日~27日:143178円(大阪ミニオフ会)

令和2年2月、3月見合い無し

令和2年4月
この月にNGさんと出会います。
とりあえず、真剣交際まで進むためにかかった費用の合計は、87万2438円でした。
※時間あるときに内容付け足します。
PVアクセスランキング にほんブログ村
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新コメント
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ